Dr.Pen Lite スタートパックデモビデオメニュー

商品概要

ここではDr.Pen Liteスタートパックのシステム構成を説明します。


患者受付
患者さんが再診のため来られた時の操作です。

新患登録
新患の登録方法です。

2号用紙に入力
カルテ二号用紙に所見入力をします。

定型文入力
テンプレート、定型文の作成はユーザが自由に行えます。

オーダーのDO入力
オーダーの入力の仕方にはいくつかあります。Doはもっとも簡単な方法です。開いている患者さんの過去のオーダー歴を表示させ、必要な箇所をマウスで選択して、「DO」ボタンをクリックするだけです。もちろんDOに変更を追加することも可能です。

オーダーの入力
ORCAに入っているオーダーの項目は全て電子カルテ側で呼び出せます。良く使う組合せはORCA側でセットに君でおくと楽にオーダー入力ができます。

記載済オーダー確認
入力したオーダーを目で確認できます。

処置等入力
オーダーの種類には処方(内服、外用)、処置、検査、画像、手術、点滴、指導

オーダーシート入力
デジタルペンオプションを採用しますと紙にチェックする要領で簡単にオーダー入力が行えます。

デジタルペン入力
デジタルペンオプションを採用しますとカルテ二号用紙への記入もボールペン筆記の感覚で行えます。キーボードが苦手、或いは好みでないユーザーにはデジタルペンオプションをお勧めします。

病名登録
病名の登録、転帰はその日付などもわかりやすい画面よりクリック操作で行えます。

カルテ参照
過去のカルテを探すのも簡単です。

カルテ受診歴
受診歴の一覧によりこの患者さんが来られた履歴が一目でわかります。受診歴の特定の日付の行をクリックすると該当する日のカルテが表示されます。

バイタルの記録
身長、体重、血圧、体温、

診療情報提供書の作成
診療情報提供書の作成、印刷が行えます。患者さんの基本情報は自動的に入力されております。またその患者さんの過去の処方歴や病歴を呼び出せるようになっております。

処方履歴表示

血液検査履歴表示
オプションで血液検査会社からもどってくる検査結果のデータを取り込み、グラフ表示をしたり、報告書に印刷して患者さんに渡したりすることができます。

病名登録

受付会計処理
診察室端末でオーダー入力がされていれば会計側での処理は内容の確認と処方箋や診療情報明細の印刷だけとなり、事務の工数軽減につながります。

診察終了
診察終了ボタンを押すと患者さんのステータスは「会計待ち」となります。



Dr.Pen Liteスタートパックのカタログはこちら




 

▲ページ先頭へ